• 2017/09/05

よさこいチーム「だるま」のイケメン旗士 山﨑隆也さん

《ふるさとと》の推しよさこいチーム「だるま」のメンバーを勝手に紹介するシリーズ!今回は「だるま」結成時からちーむを支えるイケメン旗士・山﨑隆也さん。 イケメン不足の読者の皆さん、必見ですよ!

スポンサーリンク

よさこいチーム「だるま」を取材中、爽やかな笑顔が好印象のイケメン旗士を発見しました!
「だるま」チームで2列目の旗振りを任されている、山﨑隆也(やまさき りゅうや)さんです。

これは読者の皆さま(女性)もぜひ知りたい情報であろうと、さっそくインタビューしてきました!

・・・と、期待を持たせたところ申し訳ないのですが、最初に断っておきます。

彼は既婚者です!

(だからってここでブラウザを閉じないで!チェッキコンカヨとか言わないで!)

2017年8月11日 中央公園競演場で踊り終えた後、家族全員で。

 

家族想いが溢れ出る!
よさこいファミリーを支える優しいパパ


山﨑隆也(やまさき りゅうや)さんは、家族全員で、「だるま」で踊ってらっしゃるんですね!


そうですね。
嫁さんとも、よさこいで出会って結婚しました。子供はいま小学校3年生と1年生ですが、3歳と1歳の頃から参加してるので、2人ともすでに4~5年出てることになります。


よさこい結婚で、お子さんもそんな小さな頃から参加されてるなんて、サラブレッドですね!

練習風景を拝見しましたが、ことあるごとにお子さんがお父さんにじゃれてきたりと、すごく仲が良いのが伺えます。優しい、いいパパなんですね!

2017年7月23日 練習後に、お子さま2人と。

 


そんな山﨑さんが、よさこいを踊り始めたのはいつからなんでしょうか?


2003年頃だったかな?何年か覚えてないけど、その辺りです(笑)

当時社会人の軟式野球チームに入ってて、そこに四国開発の人がいてよさこいに誘われたのがきっかけです。「運動不足気味だから、ちょっとやってみたら」と言われて。
なので、一年目は四国開発のチームで踊りました。

それまではよさこいを見たこともなく、興味もなかったんですが・・・踊ってみてハマりましたね(笑)


その後、よさこいにはずっと出続けているんですか?


そうですね、2年目は四国開発チーム自体がよさこいに出なかったので、知り合いに誘われて「ほにや」から参加しました。

その後「だるま」でも立ち上げから参加して、毎年休まず、よさこいに出てますね。

 

高校時代は野球部に所属
高校球児だった山﨑さんにとって、よさこいの魅力とは・・・?


どうしてそんなにハマったんでしょうか?
山﨑さんにとって、よさこいの魅力とは何ですか?


「大人の部活」的なところですね。
皆で1つのものを作り上げる、一体感や充実感が部活の雰囲気に似てるというか・・・。

僕は高校野球をやっていて、甲子園を目指していたので、あの頃の楽しさを今でも味わえるのが、よさこいの魅力ですね。

僕にとってよさこいは大人の甲子園!


なるほど~!
何だか、凄くよくわかります(笑)

では、体を動かすのは元々お好きだったんですね。


そうですね、体を動かすのは楽しかったですね。

でも、踊りは苦手でした(笑)
初めはやっぱり恥ずかしかったですし。

でもそういった恥ずかしさが、楽しさに変わる瞬間があるんです。観客の人がうちわで扇いでくれたら、テンションが上がったり・・・普段は絶対そんなこと出来ないですけど、よさこい中だけは(笑)

2017年8月11日 菜園場競演場にて/観客の子供に応援される山﨑さん

 


今のチーム「だるま」の魅力は、何ですか?


元々、前チームで仲の良かった人たちの延長線上にあるチームなんです。
家族のような仲間たちと手作りで作り上げた、みんなの想いがすごく詰まった、本当に、アットホームな良いチームです。


( ;∀;) イイハナシダナ…

チームの立ち上げ、運営していく中で、家族のような仲間たちと苦労や感動を共にする体験が、「大人の甲子園」なんですね!
山﨑さんは、どのような仕事を担ってきたのでしょうか?役割とか、役職とか。


夫婦2人ともよさこいに掛かりっきりになると子供に負担がかかってしまうので・・・今年は僕が主に子供の面倒を見て、スタッフである嫁さんのサポートをしてましたね。

 

心の声
イケメンでイクメンだとっ・・・なんというGOOD DAD!!
完璧かよ。

 


「だるま」の皆は気配りのできる人ばかりなんですが、僕はズボラで、ホンマに気が利かなくて・・・それでも皆が相手してくれるので、まあ、適当に笑ってごまかしながらやってます。

よく「お前はホント、いいキャラだな」って言われます。アハハ(笑)

 

心の声
もしかしてこの人、ダメイケメン・・・?

でもそれが母性本能をくすぐるのか。
くっ、ずるいぜ・・・!

 


(ふう・・・怒りを鎮めて・・・)
奥さまは、スタッフとしてどういった仕事を・・・?


パートやってます、自動販売機の。


あっ、いや、「だるま」の中ではスタッフとしてどのようなお仕事を、という質問だったのですが・・・。


あっ、「だるま」での仕事ですね(笑)
インストラクター(教える立場)とか、振り付けの助手とか、メインスタッフとしての仕事をしています。


へえ~、そうなんですね(棒)

 

心の声
この天然イケメンがっ!

 


「だるま」の中で、苦労された事とかありますか?


「旗の振りを覚えること」です!(ドンッ!!)


えっ!そんなストレートに、ミもフタもないことを・・・(笑)


人より覚えるのが遅いんで(笑)


旗振りというのは、やはり、花形的なポジションといいますか、普通に踊っている立場を何年か経て、経験を積んだベテランがやるんですよね?
山﨑さんが、旗振りを任されるようになったのはいつからですか?


「だるま」結成時からですね。


では2013年、4年前からですね。
やはり、通常の踊りの振り付けから旗振りの振り付けに変わり、戸惑いもあって大変だった、ということでしょうか。


いや、今でも大変です。


・・・頑張ってください(笑)

2016年5月1日 練習中の山﨑さん
2016年8月11日 愛宕競演場にて/「覚えるのが遅いんで」と言ってはいましたが、本番はカッコよく決まってました。

 

家族全員でよさこい参加!
やめようと思っても「お父さん、よさこいやってほしい!」


こんなに、家族全員で参加されるほどのよさこいですから、無くてはならないものなんじゃないですか?
今後もずっと、参加し続けるんでしょう?


いや、子供が少年野球をやってるんで、そっちがメインになってきたら、僕も続けられるかどうかわからないですね。

ホントは今年(2017年)も出れないかも、と思ってたんですよ。
でも、子供に説得されまして。


あ、お子様が「出たい」と仰ったんですか?


いえ、「お父さん、出てほしい」と言われて。


!!!

心の声
子供から「よさこいに出てほしい」と言われるほど尊敬されるパパっ・・・!
絵に描いたような幸せな家庭っ・・・!

ううっ・・・・!

 

 

心の声
なんというっ・・・
恐るべしリア充っ・・・・!!!

 

 

お父さんの真似をして旗を振るお子さん。お父さんのことを本当に、カッコいいと思って尊敬しているのが伝わってきて・・・もうっ!
2017年8月11日 はりまや橋競演場にて/う~ん、これはイケメン!
旗振りもダイナミックに決まっています
2016年8月11日 菜園場競演場にて/「だるま」旗振り4人衆の勇姿

 

この記事を書いたヒト

chochono

東京、中目黒在住のダンサー。fulsatoto編集長。魅力的なhitoへのインタビュー、東京での高知文化の活躍などを紹介します。