高知県人 上京あるある


高知から東京に出てきて早18年。
同じ日本ではあるものの、高知と東京、ちがっていてびっくりすることもたくさんありました。

 

たとえば。

 

 

● 人が多い

※そして狙った出口に出られない。

 

 

● 男性の話し方がやわらかすぎて違和感

 

 

そして、食も結構ちがっててとまどう。

 

 

● 刺身がやたらに高価

※おいしいの食べようとすると高い。
ちいさい切り身がクラッシュアイスにちょこんと乗って3000円とか。

 

 

● うどんが本当に黒い

最近、讃岐風うどんのチェーン店がふえたので困らないのですが(笑)

 

 

● けど、そばがめちゃくちゃ美味しい

すっかり蕎麦好きになった。

 

 

● でも蕎麦だけじゃ足りない

結局丼モノセットたのんじゃう
※蕎麦湯で腹をおちつかせるのが粋な食べ方なんだって。

 

 

● 焼き鳥の種類がめっちゃ多い

むかしは高知のやきとりってモモとねぎまくらいだった気がする。
東京は内臓(モツ)食べる文化ってことでいろいろ多いのかも。

 

 

● ラーメンがびっくりするくらい美味しい

 

 

● そしてラーメン行脚しがち

#おひとりさまはもちろん多少並ぶのも平気になる。

 

 

● 人が意外とやさしい(特に子供産んでから)

# ネットで嫌なことばっかり目立つけど
実際妊娠中から優しくしてもらうことのほうが断然多かったです。

 

 

● 意外と田舎っぽいところがある

# 話しかけられまくり。
電車で隣になった年上女性と降りるまで子供の話するとか。

 

 

高知にいるときは、東京は“THE 都会”っていうイメージがあったけど、
東京には「東京」という“地方”があるんだなーって最近思います。

 

 

カテゴリー: koto