• 2018/02/16

今週の「出陣★昆虫武将チョウソカベ!」その7(2018年2月15日発売号)

週刊少年チャンピオン連載中のマンガ「出陣★昆虫武将チョウソカベ!」最新話レビュー! 今回は2月15日発売号の27万石「殿と壁の前の少年」 作者・森田将文先生のtwitterもウォッチしています!

スポンサーリンク

週刊少年チャンピオン連載中の「出陣★昆虫武将チョウソカベ!」の最新話についてレビューしています。
できればネタバレせずにこのマンガのおもしろさを伝えたいのですが、内容に触れずに感想を書くのは難しく・・・というわけで今週話を未読の方や単行本派の方は、レビュー部分をとばして次コーナー今週の「日めくり殿」からお楽しみください!
ヾ(◎)ノ゙✧*。

前回の記事・・・今週の「出陣★昆虫武将チョウソカベ!」その6(2018年2月8日発売号)

画像出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号P387/森田将文

 

今週の「出陣★昆虫武将チョウソカベ!」

前回で、森乃さんの幼馴染にして彼女を戦国好きに染め上げた(そして恋心も抱かせた?)男の子、許斐アシカくんが登場した!
そして今週号、なんと彼が同じクラスに転入してきたところから物語スタートだ!

主人公、片思い中のヒロイン、そして恋のライバルがクラスメイトという、まさかの(でもマンガ的にはベタな)展開だッ!!

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号388P/森田将文

今まで3人だけの秘密だった空間に、新しく侵入したきたアシカくん。
しかも、森乃さんに気に入られたくて戦国トークに付き合っていた獏と違い、彼は根っからの歴史好きだ。
森乃さんもアシカくんに気がある風だし、あらゆる分野で獏は負けているぞ!さすが先週号で殿に絶望的で壊滅的な戦(いくさ)と評されただけはある。

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号389P/森田将文

昼休み 屋上階段
定例軍議


「足が――――重い…」

むしろ自分の方が居心地の悪さを感じ、獏は昼休みの集まりに参加できなかった・・・

って、定例軍議ってなに?

ただダベってるだけに見えるけど、ちゃんと殿の天下取りのための作戦会議になってるのだろうか?
なんとなくほのぼのする光景だ(笑)

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号389P/森田将文

 

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号390P/森田将文

 

そして軍議をサボって1人寂しく菓子パンを食べる獏のもとに、殿がお叱りにやってきた!

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号390P/森田将文


「おっと…」
スカッ

殿
「クゥゥ!?」
ちょぼんっ

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号390P/森田将文

お約束的コント発生!!

 

やはり殿のギャグシーンはおもしろい。

殿の他にも転生した戦国武将はたくさんいるけど、キャラクター造形の可愛さとギャグの楽しさに関しては殿の圧勝である。

殿は
「好いた女子(おなご)は渡さん!!
…くらい言えねェのか!!」

と叱咤するが、獏は心を閉ざしたままだ。


「たまたま…森乃さんと友達になれて
たまたま調子こいてた僕が」

「スマホだけが友達の
本来の姿に戻るだけだよ」

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号391P/森田将文

寂しくネガティブな考え方だ・・・が、クラスで陰の薄い人間(陰キャという)の、リアルな心の声を代弁しているともいえる。森田先生はそういう学生時代だったのだろうか?

そしてこの獏の態度について、納得がいかないといった様子の殿。

カワイイ!!

やはり殿のキャラ造形はすばらしい!いい顔してるな~。

 

昼休みが終わっても教室に戻ってこない獏に対してクラスの反応・・・

「ウンコじゃないのー?」

「ま…元々いるかいないかわかんないヤツだしなーっ」

「転入生がまぶしすぎて見えなくなっちゃったんじゃね?」

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号392P/森田将文

う~ん・・・
この、クラスでイジメられてるほどではないけどからかわれるというキャラの描写も、どことなく的確でリアルな気がする・・・やはり森田先生は、思春期を臆病に過ごした弱者の気持ち、とてもよくわかってらっしゃる!

そしてこのクラス全体の態度に対して、アシカくんが反発した!

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号392P/森田将文

子供の頃から、期待に応えるために優等生を演じ、そのため周囲の人間との壁を感じてきたというアシカくん・・・彼も獏とは違う理由で友達のできない、孤独な人間だったのだ。

一方、獏は殿にスマホを奪われていた!

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号394P/森田将文

って、テントウムシである殿がスマホを持って飛ぶのはかなり大変そう。さすが昆虫になっても元戦国武将、腕っ節も相当なのだろう。

殿
「これは便利な板だが…
友達じゃあねェェ!!」

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号394P/森田将文

スマホ中毒の現代社会に殿が警鐘を鳴らすッ!!

そういえば先ほど獏は、スマホを見ながら菓子パンを食べていた。昔は新聞とか読みながらの食事はマナー違反と言われていたが、いつのまにか、誰もが当たり前のようにスマホを見ながら食事をしている。獏たち、現代の中学生の間ではもっと普通のこととして、マナー違反の感覚もないのかも。
戦国時代から転生してきた殿には考えられないのだろう。

さりげなく社会への問題提起も含ませる森田先生、さすがである。

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号394P/森田将文
出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号394P/森田将文

 

・・・と思いきや木の枝にぶつかり、殿は池に落下!
慌てて助ける獏!

 

殿
「アシと…出会ったばかりの頃のお前なら
誰かを助けるために躊躇なく池に飛び込んだか?」

「スマホより…虫の命を救ったか?」

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号395P/森田将文

 

すばらしい、感動的なシーンだ!

「スマホだけが友達」といった獏は、しかし水没するスマホをよそに、殿の方を救ったのだ!
そして自分でも気づいていない獏の優しさ、強さを、しっかりと諭してあげる殿の言葉が、深く心に響いてくる。

 

・・・そのシーンを目撃したアシカくん。

アシカくん
「俺のこと さけてる?」


「さけてた…かな…」
「僕は自信がないから…」
「友達がいたことなかったから…」

アシカくん
「…俺もなんだ」
「俺…実は人付き合いが苦手で…いっつも苦労してる」

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号397P/森田将文

獏とアシカくん・・・一見まったく違うキャラ、しかし実は友達がいなくて寂しい思いをしていた2人に友情が芽生えたッ!

殿
「新生チョウソカベ軍のスタートじゃあァァ!!

 

マンガ的なベタな展開ならば、主人公の恋敵であるアシカくんは、敵の戦国武将の従者に設定しがちだと思う。恋のライバルでもあり、殿の天下取りバトルの敵にもなる・・・みたいな。

しかしそうはせず、主人公と同じチョウソカベ軍に入った。しかも、獏の一番の親友になりそうなとってもいい人なのである!
この展開はなんとなく好きだな~。

何度も言うようだが今週号では、主人公の自信のない性格や友達ができない引っ込み思案なキャラクターの心理描写が、とてもリアルで共感できて良かった。
そんな獏に、一見優等生だけど同じような孤独感を抱えている友人ができるという展開も、日常的なありそうなストーリーでとても良い。

出典:出陣★昆虫武将チョウソカベ! 週刊少年チャンピオン2018年12号398P/森田将文

そしてこのコマの背景デザイン!すっごく森田先生らしい、かわいくて独特なセンスで、これもまた今週号の最後にハッピーな気持ちになった。

戦国武将のバトル展開になって、このマンガの人気が上がったという声をチラホラ聞く。
しかしわしは作者・森田先生の真骨頂はむしろ、こうしたネガティブな少年が困難を乗り越え自信をつけていく成長物語にあると(勝手に)思っている!
商業マンガとしては地味かもしれないけど、こういう展開も挟んでほしいし、今回はそんな森田先生の良さがとても出てた回だったと思うんじゃあ~!!

ヾ(◎)ノ゙✧*。

 

2月8日に森田先生がこのようにTweetした!

その後は今日(2月16日)まで「日めくり殿」の更新はされていないが・・・お忙しいだろうから無理のないペースで、今後も楽しませてほしいものじゃあ~!!

ヾ(◎)ノ゙✧*。

 

この記事を書いたヒト

オイキタロウ! わしもセルフィーをSNSに載せて自分を表現&発信し、たくさんのいいね!を獲得して承認欲求を満たし、リア充と呼ばれるようになりたいんじゃ~。自撮り王に、わしはなる!

ヾ(◎)ノ゙✧*。