• 2017/07/21

爆安・新鮮!『とさのさと』農協特産センター

高知県民が新鮮な野菜や魚を爆安で買える、高知県外の人がお土産を買うのにも最適・・・つまり全人類にオススメ! 高知市南川添「とさのさと」

スポンサーリンク

こんにちわ。gold8ことハッチです(今回からこう自称します( ͡° ͜ʖ ͡°))

先月高知に里帰りしてまして。
これ県外の人におもしろいんじゃない!?って思う場所があったのでご紹介。

基本的にとっても新鮮な野菜・魚・お肉の生鮮食品が爆安で買えるんですが、お土産になるものも置いてます。

『とさのさと(農協特産センター)』
場所:高知県高知市南川添7番地10
営業時間:9時〜17時

 

 

JAのファーマーズマーケットというか、いわゆる市場みたいなとこなんですが、一般の人でも入れるしアクセスもいいところにあります。地元の人の話だと、飲食店の人とかが買い出しにくるところだそうです。

朝9時にあいて、朝10時すぎにはほとんど売り切れになるみたい。そのあと一度補充されるとのことですが、昼過ぎにきたらもうほとんどない状態だと聞きました。朝イチが勝負ですね_φ(◎-◎ー)

 

とりあえずどんなところか写真でご紹介。

駐車場に大きな看板。
俵屋ダイニングが入ってるルピナスの近くです。
※俵屋ダイニングはドリンクバーにソフトクリームとポップコーンまでついてる(もちろん食べ放題)レストランです。

 

#曇天だったので写真に色気がないですね(笑)

 

9時に2分前についたところ10人くらいのお客さんが開店待ちしてました。

 

 

外にはお花や野菜の苗が売ってます。
80円、100円、130円あたりの札が見えます。

 

 

お会計は普通にレジで。

 

 

入り口入るとすぐに県外ではあまり見ない高知県産のお米がたくさんの種類並んでます。
お米詳しい友人曰くは、高知のお米は香りがいい。だそうです。

 

 

お野菜はとにかくたくさん入っててやすい。
ピーマンはこの日7~8つ入って110円。

 

 

米なす。私の手と比べて大きさ伝わりますでしょうか(笑)
東京の家の近くのスーパーだとこんなに大きなものはない上に1つ120円(税別)とかしそう。。

 

 

こちらは「りゅうきゅう」っていう野菜。高知では酢の物とか煮たりして食べます。大きさがわかりづらいですが、これで長さ1mくらいあります。大きなものは子供の背丈くらいあったりします。

 

 

そしてミョウガ。このミョウガの量。
ミョウガ大好きなので嬉しすぎました。家に帰ってらっきょう酢でつけてザクザク食べました( ´艸`)

 

 

そしてお値引きコーナー。
きゅうり7本くらい入って80円ですね。なすも5本くらいで60円。スーパーにある値引き品みたいに見た目でわかるほど傷んだりはしてなくてむしろ十分に新鮮に見えます。

 

 

切り花コーナーもやすい。バラが5本で170円….。
ユリは2〜3本はいってて60円。

 

 

お魚コーナー。

ゴマサバ一尾180円。大きなアジ170円。
どの魚も目がものすごくきれい…久しぶりにこんなにきれい(新鮮)なお魚みました。

 


長太郎貝。いろんな色できれい。

生鮮食品意外にもお土産になる調味料や四万十川海苔の佃煮、高知のレトルトカレーなどもずらっと。私はこの大川村の「謝肉祭」っていう焼肉のタレが好きです。甘みが少なくて、ガツンってくる味です。これでお肉と一緒に焼いたニラを食べるのが最高です。

 

 

あと、高知のアイスといえば久保田。県外や通販では買えない普通のラインのアイスが置いてありました(通販で買えるのはちょっとグレードの高いイイやつなのです笑)私はこの普通ラインのコーヒーとバナナが大好きです笑

 

 

東京の自宅の近くにもこんなところがあったらいいのにと思います….。

なお、一緒に行った母は夏野菜コーナーは見向きもしないので、なんで?って聞いてみたら、「毎年夏はきゅうりとなすとトマトは食べきれないくらい人からもらうので買ったことない」そうです(笑)

旅行での滞在であってもAirbnbとかに泊まってここで買って自炊するというのもアリ。ですよね。

 

 

この記事を書いたヒト

ハッチ

大学入学と同時に上京して東京で過ごした時間と高知で育った時間がもう直ぐ逆転します。都内で会社員をしながら子育て中。