fulsatotoとは、 《 ふるさとと 》 ともに輝く ヒト、モノ、コトを紹介する ライフメディアです。

「高知で活躍する人のくらしをサポートし、夢の応援をしたい」

「高知をもっと楽しく、豊かな場所にしたい」

という想いから、(株)響建設が立ち上げました。

fulsatotoの由来

「fulsatoto」という名前は、運営会社である(株)響建設から名付けました。

響という字は郷(ふるさと)の音(おと)と書きますが、

この、fulsatoのotoのアナグラムになっています。

郷(ふるさと)とは、ごちそうの置かれたテーブルを挟んで、2人の人が向かい合っている様子を表した象形文字です。

そこに音(おと)、つまり会話が加わると、響(ひびき)という字になります。

人と人が美味しいものを食べながら会話を弾ませる、そんな光景が広がるように・・・

そして、ふるさと高知に楽しく元気な音が響き渡るように・・・

そんな想いを込めて、この名前を付けました。

連載記事
響建設でお家を建てられたお客さまの「生の声」をお届けします。
世界に1つだけのお家は、建築デザイナーと共にどうやって考えられ、作り上げられていくのか・・・注文住宅や店舗併設住宅などお考えの皆さま、ぜひご覧ください!
生きているからには付き合わなければならない病気。

ライターかみりんごがこれまで遭遇した病気をぶったぎります。

安くて便利な交通手段「高速深夜バス」

年間10回近く東京⇔高知間を往復する高速バスマエストロが、バスの注文方法、乗車体験レポート、停車場周辺のおすすめスポットなどをレビューします!

《ふるさとと》がフィーチャーしているよさこいチーム「だるま」
「だるま」で踊るメンバーの素顔や、チームの活躍の様子をお届けします!
散歩の達人(というほどではない)chochonoがブラブラ散歩しながら、知られざる町の歴史や、人びとの暮らしに迫る(かもしれない)ロマン紀行シリーズ。

ヒトやモノやコトの出会いを求め日々奔走している、適齢期独身女の恋活の様子をぜひご覧ください。